fc2ブログ

夢の通ひ路

詞 短歌 都々逸 日々徒然を綴っております気紛れ更新のブログです  管理人 瑠紫闇 (るしあん)

泡沫短歌 春の朝

泡沫短歌

20220305y.jpg


春の朝 開く蕾に 魅せられて 漫ろ笑む君を 懐かしむ吾  瑠紫闇


mono20220305y1.jpg


忘れられない想い出・・・



2007年3月に撮影した写真と

詠んだ短歌です

写真を入れ替えて再更新します


母と私との間には少なからず

感情の隔たりがあり

私にとって母は時として

理解を超えた存在でした


今でもベッドに横たわり

穏やかな表情で

じっと私を見つめていた

済んだ瞳が忘れられません


あの時母は

自分の最期を悟っていたのか

何も言わずただただ

私の顔を見上げていました


何かを伝えたかったのか

それともただひとこと

さよならを告げたかったのか

今でもわかりません


毎年木瓜の花が開く頃は

そんな追憶に沈みます・・・



※泡沫(うたかた)短歌とは

泡の如く消えてしまう

取るに足りない短歌のこと

私の下手な短歌にぴったりだと

勝手に造語命名しました





悲しみは雪に眠る  alan


▲PageTop

««

Menu

プロフィール

 瑠紫闇 (るしあん)

Author: 瑠紫闇 (るしあん)

最近の記事

Thank you for coming