FC2ブログ

短歌

泡沫短歌 夕化粧

 ←再読してから旅すればよかった(溜息) →泡沫短歌 色無風(いろなきかぜ) 
20200825y.jpg


夕化粧 君待ち侘びて 紅(くれない)の 残り香ひとつ 乱れて今朝は  瑠紫闇

あなたを待ち続けて・・・



2006年8月に詠んだ短歌に

2007年8月撮影の写真を

合わせて再更新します


白粉花は夕方から咲きはじめ

翌朝にはしぼむ夜間性の花

夕化粧は和名です



※泡沫(うたかた)短歌とは

泡の如く消えてしまう

取るに足りない短歌のこと

私の下手な短歌にぴったりだと

勝手に造語命名しました



因みに・・・

2006年8月に更新した記事 ↓ です





以前は澪(みお)というHNで

画像に詠んだ短歌を入れて

加工していました


こちらの画像の方が

私のへっぽこ短歌に

合うように思いましたが

加工前の写真がみつからず

仕方なく2007年8月撮影の

写真を合せました





夜明けのスキャット  ソロギター



夜明けのスキャットを

ギター演奏で聴くのも

良いものですね(笑)







写真ブログ Etude は↑よりどうぞ


もくじ  3kaku_s_L.png 日々徒然
もくじ  3kaku_s_L.png 短歌
もくじ  3kaku_s_L.png 都々逸
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 百人一首
【再読してから旅すればよかった(溜息)】へ  【泡沫短歌 色無風(いろなきかぜ) 】へ

~ Comment ~

ほぅ…ため息が出ます。

こんばんは

朝顔の花をたーくさん撮ったから、澪さんみたいな粋で色のある歌を、花へ贈りたいものです…。

澪さんに撮影されたお花は幸せモノですね!

三十一文字

海夏子さん おはようございます。

こちらへもいらっしゃいませ♪

朝顔!!ワタクシも今朝「エチュード」の方へアップしましたよ~(笑)
あは、短歌は三十一文字にあてはめて詠んでいるだけで~す。
細かい決まりごとは一切無視(爆)しています。
思ったままをそのまま・・・それで良いかな~と。

ありがとうございました。

NoTitle

ルシアンさま

王朝の通い婚時代の女性を彷彿させるお歌ですね。こうした思いで男性の訪れを待ち続けた女性は、『源氏物語』にも多く登場します。先日のオンライン講座の時も、平安時代の結婚の話で大いに盛り上がりましたが、このお歌、ご紹介したかったです。

まだまだ残暑厳しい日が続いております。ご自愛下さいませ。


るしあん様 こんばんは。

私の歌に対する拍手コメントありがとうございました。実は私は拍手コメントを利用したことがなく、るしあん様のコメントをいただき始めてのぞいて見ました。今まで多くの方から拍手コメント頂いていたのに、知らなかったとは言え返事も出さずにいた自分が恥ずかしくなりました。
今後は気を付けたいと思います。
所で今回の歌も素敵ですね、男性には詠めない女性らしい歌と思いました。 私も歌を創作するのにすごく刺激になります、以前の作との事ですが、次の歌も楽しみにしています。

NoTitle

こんにちは。

また色っぽい歌ですね。残念ながら僕は夕化粧という花は知りませんでした。見たことはあるのかもしれませんが・・・・
調べたら、花言葉は「臆病」や「内気」あるいは「恋を疑う」とのこと。内気な男なら
夕化粧 君想う闇 紅の 残り香ひとつ 夢の悪戯

恋心を打ち明けられない女を想う夜、夢では別の男の影が・・・・きっと恋の想いは女性だけではないのではないでしょうかね?笑)

Re: NoTitle

ばーばむらさきさま

コメントありがとうございます。

王朝絵巻の中には
源氏を待っている間に心が千々に乱れて
うらめしや~なんてこともありましたね(笑)
生霊となって相手をとり殺そうとするなんて・・・
女性の業というか深く濃い思いだったのでしょうか。

現代に生きる私たちはともすれば
「亭主元気で留守がいい」なんて思ってしまいますが(笑)
それは一夫一婦制だからこそ言えることですよね。

夫に自分以外の公認の恋人があちらこちらにいる
それも権力の象徴のような所業だから我慢しなくては
なあんて辛いですよね。
当時の女性の思いは複雑だったことでしょう。

2006年当時は結構短歌に燃えていた頃でした。
白粉花を見ながらなんとなく詠んだ歌ですが、
そう言っていただけると嬉しいやら恥ずかしいやらです(笑)

Re: るしあん様 こんばんは。

kainohidesanさま

コメントありがとうございます。

拍手コメントは
案外気が付かない方も多いようです。
実は私もよくわかっていなくて(苦笑)
放置していたことがありました。

気がつかれて良かったですね。
通常のコメントを残すほどでもないけれど
(相手の方がコメント返しをすることが
負担にならないようにという思いもあります)
一言残したいという時に
というか私の場合はほとんどですが、
拍手コメントに書かせていただいております。
拍手コメント欄がない時は
鍵コメントにさせていただいています。

コメントに関しては
皆さん、其々考え方があると思いますが、
私は義理でコメント返しをしたり、
仲良しごっこ(笑)が苦手ですので
敢えてコメント欄には書かないようにしています。

こちらも自分のペースでやっておりますので、
時には不義理をしてしまうこともあるかと思います。
懲りずにご覧いただけますと嬉しいです。

Re: NoTitle

忠さま

コメントありがとうございます。

夕化粧は白粉花(オシロイバナ)の和名です。
オシロイバナと聞けばご存じではないでしょうか。

夕化粧 君想う闇 紅の 残り香ひとつ 夢の悪戯 忠さま

夢の中でさまざまな思いが交錯しているのでしょうか・・・

夢の中 聴こえたような 君の声 振り返れば 色無風立つ 瑠紫闇

「夢」をいただき返歌させていただきました。
今日の記事にさせていただきますね。
ありがとうございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【再読してから旅すればよかった(溜息)】へ
  • 【泡沫短歌 色無風(いろなきかぜ) 】へ