撮影した画像に詞 短歌 都々逸をのせて遊んでいます・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- | スポンサー広告 | |
FC2 managemented
世の中よ道こそなけれ・・・
2006年05月19日 (金) 編集 |
世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる   藤原俊成

20060507y1.jpg


<歌意>この世の中はまあ、のがれてゆく道はないのだ。思いつめて入ってきたこの山の奥にも、やはりつらいことがあるのか、鹿がもの悲しく鳴いているのが聞える。

山の奥へ逃れる遁世の身に、なお鹿の鳴く声が悲しく聞えて、この世では到底憂さから逃れることもできないという述懐の歌。(「百人一首」の手引きより引用)

FC2 managemented
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL

■ この記事へのトラックバック
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。