fc2ブログ

百人一首

世の中よ道こそなけれ・・・

 ←瑣末な苦悩幾許ならず・・・  →光の君慈しみながら・・・
世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる   藤原俊成

20060507y1.jpg


<歌意>この世の中はまあ、のがれてゆく道はないのだ。思いつめて入ってきたこの山の奥にも、やはりつらいことがあるのか、鹿がもの悲しく鳴いているのが聞える。

山の奥へ逃れる遁世の身に、なお鹿の鳴く声が悲しく聞えて、この世では到底憂さから逃れることもできないという述懐の歌。(「百人一首」の手引きより引用)








写真ブログ Etude は↑よりどうぞ



拍手は↓から



もくじ  3kaku_s_L.png 日々徒然
もくじ  3kaku_s_L.png 泡沫短歌
もくじ  3kaku_s_L.png 都々逸擬き
もくじ  3kaku_s_L.png 都々逸
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 百人一首
【瑣末な苦悩幾許ならず・・・ 】へ  【光の君慈しみながら・・・】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【瑣末な苦悩幾許ならず・・・ 】へ
  • 【光の君慈しみながら・・・】へ