FC2ブログ

短歌

泡沫短歌 梅の雨

 ←泡沫短歌 水無月の夜 →泡沫短歌 友に逢う
20200616y.jpg

額紫陽花 2006年6月撮影の古い写真ですが・・・


梅の雨 コロナ禍も 洗い流し 清い紺碧の 季節願う 瑠紫闇


前回の泡沫短歌

歌詠みも 語彙不足か 言葉出ず 憂いに沈む 水無月の夜 瑠紫闇

に本歌取りをしてくださった方が

いらっしゃいました


コロナ禍に 春無き春も 過ぎゆきて 憂いに沈む 水無月の夜 ばーばむらさきさま

本日の泡沫短歌は

ばーばむらさきさまの歌から

「コロナ禍」をいただき

返歌させていただきました


ばーばむらさきさま

ありがとうございました



どーでもいい些末なことで

気持ちが落ちました


些細なこと 感情のすれ違い

意識せずのひとこと

だったのでしょうけれども

「えー今それ言う!?」って(苦笑)


一度飛び出した言葉は

ぐさぐさ刺さって血が滴るんだよ

わかっちゃいないと思うけれど

暫くあとを引きました・・・


私も無意識にやっていると思うから

気をつけなくてはいけないですね


親しき仲にも親しくない中にも礼儀あり


そんな悪~い感情は

コロナと一緒に洗い流して

すかっと紺碧の空を望みたいですね


2020.6.17追記

私の言葉不足で誤解なさった方が

いらっしゃいましたが

ぐさぐさのひとことはあくまでも

リアルでの出来事です


私はいただいたコメント等で

気分を害することは滅多にありません


仮に嫌な気持ちになったのであれば

その方のブログを訪問しなければすむこと

深追いはしませんから・・・


お付き合いしなければ

嫌な感情を持ち越すことはありません


でも実生活ではそうはいかないから

あれこれ悩むわけですね(苦笑)


ということで

いらぬことに気を遣わせてしまいまして

申し訳ありませんでした




※泡沫(うたかた)短歌とは

泡の如く消えてしまう

取るに足りない短歌のこと

私の下手な短歌にぴったりだと

勝手に造語命名しました



お知らせ

休眠中だった都都逸掲示板を

都都逸・短歌掲示板として

リニューアルしました

宜しかったら遊んでいってくださいませ


都都逸・短歌掲示板は ↓ からどうぞ ♪







I'll Be There   Mariah Carey



I'll be there to comfort you・・・

元気になれるかな(笑)






写真ブログ Etude は↑よりどうぞ


もくじ  3kaku_s_L.png 日々徒然
もくじ  3kaku_s_L.png 短歌
もくじ  3kaku_s_L.png 都々逸
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 百人一首
【泡沫短歌 水無月の夜】へ  【泡沫短歌 友に逢う】へ

~ Comment ~

NoTitle

ルシアンさま

本歌取りした歌に返歌をしていただき、いにしえの世界に遊んだような気がしております。

本当に梅雨でコロナが洗い流され、以前の日常を取り戻せたらいいのに、と思いますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

ばーばむらさきさま

コメントありがとうございます。

ばーばむらさきさまの短歌を
こちらの記事で紹介してよいものかどうか悩みました。
もし宜しければ記事に掲載させていただきたいと存じます。

もう随分前ですが短歌や都都逸を詠んでいた仲間がいて
皆さんで返歌の遊びをしていました。
私のはもうめちゃめちゃな酷い歌でしたが、
毎日刺激があって楽しかったなあと(笑)

その頃作った
都都逸掲示板もネットの海を漂っている筈です。
ちょっと探してみますね~♪

NoTitle

ルシアンさま

拙ブログに拍手コメントを頂戴し、こちらを再訪させていただきました。

ルシアンさまのお歌を眺めていて、ふと思いついたまま「本歌取り」して詠んでしまいましたが、コメントでも非公開にはしていないものですし、どうぞ記事にしてくださって構いません(ちょっと照れますけどね)。

もう10年程前から、高校の同期の仲間たちとパソコン上で付け句をする「連歌の会」をしております。俳句に精通した方を「宗匠」と呼び、あまり厳密な規則も設けず、楽しんでいます。

Re: NoTitle

ばーばむらさきさま

早速お返事いただきありがとうございます。
記事に掲載させていただきました。

私は2005年頃から下手~な歌を詠み始めたのですが、
当時のHP仲間(男性2人)というかお師匠さんたちに刺激されて
都都逸掲示板を作って遊んでいました。
お互いのHP上で下の句を付けたりもしていたのですが、
HPサービスの終了と共に音信不通になってしまいました。

先ほど当時の掲示板を探しましたら見つかりましたので
またちまちまと遊ぼうと思っています(笑)
短歌も俳句もお仲間がいると刺激になりますね。

NoTitle

ルシアンさま

ふとしたことをこうして記事にしていただき、嬉しいやら恥ずかしいやら(-_-;)

五七五七七、は万葉の昔からの日本人の原点。私も近年は『源氏物語』一辺倒ですが、ルシアンさまに刺激を受けて、また少し歌詠みにも挑戦してみようかな?

Re: NoTitle

ばーばむらさきさま

ご丁寧にありがとうございます。

仰る通り三十一文字(みそひともじ)は万葉集の時代から
日本人が感情や想いを伝えることばでしたよね。
優しい日本語の響きが三十一文字に合うのでしょう。

季語や形式に厳しい俳句と異なり
短歌は自由に気持ちを折り込むことが出来ますから
私も全く自己流に自由に詠んでいます。
(下手は承知の上です~笑)

是非是非ばーばむらさきさまの格調高い短歌を
ご披露くださいませ。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【泡沫短歌 水無月の夜】へ
  • 【泡沫短歌 友に逢う】へ