FC2ブログ

短歌

泡沫短歌  木瓜の朱

 ←ちょっと疲れました・・・ →過ぎたるは及ばざるが如し
20200204y.jpg

2019年2月自宅にて 朝露に濡れた木瓜


東風(こち)吹いて ぽっと開いた 木瓜の朱 遠いむかしの 君の声きく 瑠紫闇


写真ブログEtudeにて

昨年更新した泡沫短歌です


何度かEtudeの過去記事にて

触れていますが


この木瓜の木は

今は亡き母が玄関脇に植え

毎年開花を楽しみにしていました


毛虫被害に遭ったり

勝手に枝をちょんとされたりと

受難続きの木ですが

毎年めげずに花をつけてくれます


木瓜の朱をみるたびに

母の声を懐かしく聞きます・・・



※泡沫(うたかた)短歌とは

泡の如く消えてしまう

取るに足りない短歌のこと

私の下手な短歌にぴったりだと

勝手に造語命名しました



アラベスク1番 ドビュッシー







写真ブログ Etude は↑よりどうぞ


もくじ  3kaku_s_L.png 日々徒然
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 短歌
もくじ  3kaku_s_L.png 都々逸
もくじ  3kaku_s_L.png 百人一首
【ちょっと疲れました・・・】へ  【過ぎたるは及ばざるが如し】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ちょっと疲れました・・・】へ
  • 【過ぎたるは及ばざるが如し】へ