撮影した画像に詞 短歌 都々逸をのせて遊んでいます・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
# | --/--/-- | スポンサー広告 | |
FC2 managemented
夏の宵 其の二
2013年08月19日 (月) 編集 |
20130819y.jpg

夏の宵喧噪の街ひとときの涼を求めてひと掻き分ける 瑠紫闇


夏の宵・・・先週に引き続きもう一首 詠んでみました

夜店市で賑わう街中を歩きましたが暑かった~(笑)
スポンサーサイト
# | 2013/08/19 | 短歌 | Comment (0) Trackback (0) |
FC2 managemented
夏の宵
2013年08月11日 (日) 編集 |
20130811y.jpg

夏の宵去りゆく人の声を聴き想い出語る遠来の客 瑠紫闇  2013.8.8 通夜の席にて 


70歳から社交ダンスを始め 好奇心旺盛 かつ 常に元気いっぱいだった叔父

その人の生き方が最期の顔に出るのでしょうか つやつやと穏やかな表情でした

久し振りに下手な短歌を詠んでみました 相変らず放置ブログになっていますが・・・
# | 2013/08/11 | 短歌 | |
FC2 managemented
蓮の香
2010年06月29日 (火) 編集 |
20100629yJPG.jpg

来ぬ人を思い煩い待ちわびて散りゆく蓮の残り香ひとつ 瑠紫闇


ずっと待ち続けていました・・・
# | 2010/06/29 | 短歌 | |
FC2 managemented
悔恨
2010年06月16日 (水) 編集 |
20100616y.jpg

亡き母の想い出辿るアルバムに悔恨の文字が浮かんでは消え  瑠紫闇


後悔することばかりです・・・
# | 2010/06/16 | 短歌 | |
FC2 managemented
手鞠花
2010年06月15日 (火) 編集 |
20100615y.jpg

降る雨に身悶えて手鞠花染まる色を選べもせず  瑠紫闇


あなた色に染まりたいのに・・・

# | 2010/06/15 | 短歌 | |
FC2 managemented
山桜
2010年05月02日 (日) 編集 |
しづかなる麓に咲きたる山桜君のこころに面影残す 瑠紫闇

20100502y.jpg


義母がまだ元気だった頃 満開の桜の下を歩きました

山桜を見上げて 夫は 何を思ったでしょうか・・・・・・・
# | 2010/05/02 | 短歌 | |
FC2 managemented
夏の夜
2008年07月31日 (木) 編集 |
肩車恐々(こわごわ)仰ぐ宙(そら)に咲く遠き夏の夜匂い懐かし  瑠紫闇

20080731yJPG.jpg


子供の頃 父の肩車から宙を仰ぎました

夜空一面に拡がり落ちてくる火の粉と爆音が恐くて(笑)

花火のあの独特の匂いはそんな夏の夜を思い出します・・・
# | 2008/07/31 | 短歌 | |
FC2 managemented
雪原
2008年04月15日 (火) 編集 |
雪原の楽しみを待つ横顔に面影を追い切るシャッター  瑠紫闇

20080416y.jpg


コンタ (夫) と大の仲良しだった セッター ヨノ輔君

そっくりな ワンコを スカンジックホテルの前で見つけました

今頃 ヨノも天国の雪原を走り回っているでしょうか・・・
# | 2008/04/15 | 短歌 | |
FC2 managemented
吹雪
2008年04月11日 (金) 編集 |
ガラス越し仰ぎ見るのは吹雪く宙(そら)恨めしくもあり楽しくもあり 瑠紫闇

20080409y.jpg


トロムソ滞在中はこんな天気が続いていました

遠くに見えるトロムソ空港 (ズームで撮影)

はるばるやってきたのだという実感がやっと湧き

ガラス越しの風景を楽しみました

オーロラが見れなかったのは残念でしたが・・・

# | 2008/04/11 | 短歌 | |
FC2 managemented
暖冬 
2008年04月10日 (木) 編集 |
厳冬期北極圏も暖冬かそれでも吹雪き一歩も歩めず  留紫闇

20080409y-1.jpg
トロムソ スカンジックホテル前より


成田からトロムソまで全ての飛行機が delay  トロムソに到着したのは夜の11時頃です

空港からホテルまでは歩ける距離でしたが 吹雪き 前方が全く見えない状態でした

暖冬ゆえにオーロラを見ることは叶わなかったのですが さすが北極圏 風景が全く異なります
# | 2008/04/10 | 短歌 | |
FC2 managemented
沈まぬ太陽
2008年03月31日 (月) 編集 |
雲海を遥か下方に見下ろせば視線の端に沈まぬ太陽  瑠紫闇

20080331y.jpg


時差をいつの間にか越えてゆきます・・・
# | 2008/03/31 | 短歌 | |
FC2 managemented
機内食
2008年03月25日 (火) 編集 |
機内食和洋折あれこれと何より先に少量の水  留紫闇

20080325y.jpg


機内は乾燥してるので兎に角喉が渇きます

お腹も空いて機内食を心待ちしていたのですが

嬉しかったのは 100ml の ミネラルウォーター 木曽水 でした


# | 2008/03/25 | 短歌 | |
FC2 managemented
時空の旅人
2008年03月23日 (日) 編集 |
ツンドラの一万フィート上空を翼凍らせ時空の旅人   瑠紫闇

20080323y.jpg


スカンジナビア航空機の窓から見た遥か下方のツンドラ地帯 

ふと翼を見ると凍っていました 零下何度だったのでしょうか
# | 2008/03/23 | 短歌 | |
FC2 managemented
旅立ち
2008年03月22日 (土) 編集 |
旅立ちの期待を胸に見上げれば夢の扉は開いたばかり   瑠紫闇

20080322y.jpg
成田空港第1旅客ターミナル南ウィング出発ロビーにて


行き先の掲示板を見上げ未だ見ぬ異国を夢想していました




こちらのブログ 暫く放置してしまいました

2月に念願叶いノルウェーに行くことができました

このときの熱き想いを詠ってみようかなと思っております
# | 2008/03/22 | 短歌 | |
FC2 managemented
かくれんぼ
2007年09月25日 (火) 編集 |
かくれんぼ独り遊びで日が暮れてだあれもいない寂しくないよ  瑠紫闇

20070922m.jpg

# | 2007/09/25 | 短歌 | |
FC2 managemented
現身
2007年09月24日 (月) 編集 |
散りゆくは宇宙の摂理と知りつつもその儚さは現身の如し  瑠紫闇

20070924y.jpg

# | 2007/09/24 | 短歌 | |
FC2 managemented
秋遠からじ
2007年09月23日 (日) 編集 |
ひとときの静けさ保つ蝉の声木陰の微風秋遠からじ  瑠紫闇

20070923y.jpg


こちらも8月末に詠んだ短歌です・・・

# | 2007/09/23 | 短歌 | |
FC2 managemented
先駆者
2007年09月02日 (日) 編集 |
夏日影健気に咲くは一重花季節はずれのパイオニアたち  瑠紫闇

20070902y-1.jpg


こちらも8月に詠んだ歌です

我が家の木瓜は毎年3月と10月に八重の花ををつけるのですが、

今年は8月にこんな一重の花が咲きました

あまり元気のない花でしたが、ちょっとした先駆者ですね(笑)

木瓜の花言葉 「先駆者」 にちなんで・・・
# | 2007/09/02 | 短歌 | |
FC2 managemented
清風
2007年09月01日 (土) 編集 |
じりじりと肌焦がす夏の朝清風に乗り赤とんぼ舞う  瑠紫闇

20070901y-1.jpg


8月の盛りに詠んだ歌です 時期が外れてしまいました・・・
# | 2007/09/01 | 短歌 | |
FC2 managemented
夏の午後
2007年08月17日 (金) 編集 |
山寺に鳴きたる蝉の声止まり時の狭間に秋風をきく  瑠紫闇

20070802-6.jpg


名も知らぬ山寺にて

# | 2007/08/17 | 短歌 | |
FC2 managemented
| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。